FC2ブログ

Under Current

頭の中を整理するためにいろいろ書き連ねようと思います。
Under Current TOP  >  書評 >  五色の虹 三浦英之

五色の虹 三浦英之

 五色の虹 三浦英之

 満州国に五族協和の実現を目指して作られた、建国大学出身者のその後を取材した本です。リアル虹色のトロツキーですな。

 卒業生のその後は千差万別で、その人生を持ってこの大学の性格を一言で表せるものではありません。理想に燃える教育機関としての側面と、侵略のための国策洗脳機関(教育はすべて洗脳であると中田考先生もおっしゃっていましたがそれは置いておいて)としての側面と両方あったのでしょう。そもそも、物事の多くは0か100ではないしな。教えている人も生徒もいろいろな考えがあり、その考えは人と交わることで揺さぶられることも多かったように読めます。

 能力のある人がその時代受けられる限り最高の高等教育を受け、人生が幸せであったかというとそれはわからないですね・・・幸せの定義が現代と違うであろう事を差し置いても、この大学で学んだ人は激動の人生を歩みまくりです。それについては本を読んでいただくとして、やはり、語学は重要なのだなあというエピソードが随所に。80歳を超えても独学でロシア語を勉強されている方のお話が出てきますが、語学は努力と継続なのですね。そしてそれが生きる力につながると。好奇心が摩耗し、向学心を失いかけている43のおっさんには耳が痛いお話です。

 おそらく、語られたことよりも、語り得なかったことが多い本だと思います。在籍された方々のお年を考えると、当事者に話を聞けるのもこれが最後のタイミングに近いでしょう。その点でも非常に貴重な本です。また、朝日新聞の記者である著者の語り口、問いかけも平易かつ、元学生さんたちの言葉を尊重し、最大限に引き出されているように思えます。惜しむらくは普段の業務と並行して行われている取材なので、どうしても時間は足りなかったのだろうなと思える節があること。続編なり文庫増補版なりを希望しますが難しいだろうなあ・・・
スポンサーサイト
[ 2017/08/15 13:08 ] 書評 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アルバム
ホテル予約
よく使う旅行会社
なんだかんだで航空券はここで買うことが多いかな
ここはたまにすごく安いです
使用携帯キャリア
SoftBankから乗り換えて不満はない